キャンプの楽しみ方や、アウトドアで美味しく出来るバーベキュー料理の作り方

スポンサードリンク

キャンプの仕方や、定番料理のバーベキューが美味しく出来ちゃう簡単レシピを紹介します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

キャンプといえばバーベキュー♪posted

スポンサー広告キャンプといえばバーベキュー♪TOP↑

焚き火をやるのもいいけれど・・・。

キャンプに行って、夜になったらやっぱり焚き火って感じでしょ?

バーベキューもそうだけど、キャンプファイヤーなんてのもいい。

月夜の下で焚き火を囲みながらほろ酔い加減なんて、若い二人なら
たまらなくムーディーではないか!

パチパチと音をたてる炎に照らされた彼女に甘い言葉の1つや2つ
囁いてみたくなる。
右から左に受け流されるかどうかは別として・・・・。


だがしかし!

バーベキューを美味しく作って、宴を盛り上げ、ついでにムードまで
満点にしちゃう焚き火ではあるが、やり方や後始末を間違えると
とんでもない大迷惑を引き起こすので、気をつけよう!


まずは焚き火をする場所。

回りに燃え移りやすいものがないか、
又他のキャンパーの迷惑になるような場所じゃないか、
風上にあたる場所じゃないか、

焚き火をしていいキャンプ場かどうかを確認するだけじゃなく、その辺にも十分に注意をしよう!



次に大切なのが後始末。

これ、本当に大事ね。
ちゃんとしないと火事や事故の原因になるし、ゆくゆくは地球環境汚染なんて事にもつながっちゃうからマジで注意して!

基本的に焚き火をすると、その跡の土は死んでしまう事になる。
なので、出来るだけ直火での焚き火は避けるようにした方がいい。

基本的にどのくらいの時間、どのくらいの火力が必要なのかを考えて薪をくべるようにしないと、帰る時間や寝る時間になってもまだ火が消えないなんて事になりかねない。
その際、水をかけて無理やり消すような事をすると真っ黒焦げの燃えカスを残す事になり、あとあとの処理が大変になる。
出来れば自然に燃え尽きるのを待ち、灰に水をかけて冷やしてから土をかけて固めるくらいの事はしましょうよ。


つうかさ、せっかく格好よく火を起こしたんなら、後始末も格好よく
やった方がいいに決まってる!


デートでのキャンプなら尚更ね。
頼もしい印象になるかどうかがここで決まるぜ^^

スポンサードリンク

キャンプといえばバーベキュー♪posted

スポンサーサイト
キャンプでのマナーキャンプといえばバーベキュー♪TOP↑

うるさい事はしちゃダメっ!!

まぁ、とりあえずキャンプって、日ごろ都会でストレスまみれになってる人や~たまの休みに子供たちと自然の中で、ゆったり・たっぷり・の~んびりしようって目的でやって来てたりするわけでぇ。。。

なのに、いざ来てみたら隣の奴が大音響でラジカセ鳴らして馬鹿騒ぎなんてしててごらん?
バーベキューで盛り上がるのはいいけれど、酒飲み過ぎて夜中最中に馬鹿笑いなんてされた日には・・・マジで切れるよ?


アウトドアだし、ちょっとくらいは羽目を外して楽しんだっていいと思うけど・・・やっぱり大人だからね、他の人の事も考えましょう。



それにほら、よ~く考えてごらん?

今流行りの癒しのCD

小鳥の声や小川のせせらぎなんかが流れてるでしょ?


耳を澄ませばそんなCD聴くよりもっと癒される音が溢れてる。

だったらラジカセなんか鳴らしてないで、聴いた方が得ってもんだ!
自然の癒しの音。
高い金払ってリラクゼーションしに行かなくても効果のほどはそんなサロンの比じゃないよ。



スポンサードリンク

キャンプといえばバーベキュー♪posted

キャンプでのマナーキャンプといえばバーベキュー♪TOP↑

   

Google

カテゴリー





最新の記事

アクセス

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク


キャンプといえばバーベキュー♪
since 2007
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。